妻からの荷物がようやく届く

年末に妻からの小包2つがようやく届いた。東京からキーロフまで4週間かかった。

通常は2週間ほどで着くのに2倍かかったのはモスクワ税関の検査が厳しくなったためである。税関検査が厳しくなると途端に荷物到着が遅くなる。私はそれをよく知っているのでなんとも思わなかったが、妻はだいぶヤキモキしたようだ。仕事が大変なのに私のために急いで荷物を送ってくれたのだ。梱包をしたりインボイスを作ったり郵便局に持ち込んだりして、荷物を送るのは結構大変だ。送料もかなりかかる。しかもカナダ在住の次女のところにはEMSで6日後に到着した。私の荷物はSAL便だったとはいえ、ちょっとかかりすぎだ。妻がヤキモチしたのは当然だ。

【ここで基礎知識】もちろん船便が一番安いが今日、船便を使う人はいないだろう。航空便についてである。2kgまでなら小型包装物が一番安い。なんでも送れる。次はSAL、EMSの順である。一番早くて確実なのではEMSだがやはり高い。SALは航空貨物にスペースができた場合に積載して運ぶのだが、うまくタイミングが合えば安くて早い。

めんつゆ、味噌、ビタミン剤、葛根湯がちょうどなくなったので荷物がついて本当にありがたかった。ユニクロのシャツやズボンも助かる。サイズもバッチリだ。もちろん、こちらにもシャツやズボンはあるのだが、いいものは高いし品質もイマイチである。

妻よ、本当にありがとう。

 

コメント (1件)

  1. 新年明けましておめでとうございます。
    益々充実した楽しい年になりますように!
    海外生活している時の日本からの届きものって、とてもうれしいですよね😊

    • 明けましておめでとうございます。
      伊藤さんにとって今年が飛躍の年になりますように。
      全てがありがたいですが、特にこちらにはない食べ物を送ってもらうと本当に嬉しいです。
      めんつゆ、味噌ですね。持参したものがなくなった時に今回ちょうど届きました。ロシアに来てから今日でちょうど3ヶ月ですがずっと日本食を食べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください