ラリーサ・ミハイロブナ

ラリーサ先生。

素敵な人だ。育ちの良さと頭の良さを感じさせる。歳は聞いていないが56〜57ぐらいだろうか。英語と日本語ができる。今、私が教えているのはすべて彼女の教え子である。彼女が基礎を教え、私がその続きを教える感じになっている。分業体制である。

私がキーロフにこれたのも彼女が日本語教育をつづけていてくれたからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください